ゴルフのシャンク地獄(シャンクオブヘル)から抜け出す方法

シャンクは

クラブのボーゼル(ネック)に

ボールが当たってしまい

極端に右方向へ

打ち出してしまう

ミスショットのことをいいます。

▼間違えやすいシャンクとシャンク擬き

しかし

このシャンクが出だすと

その場で原因に気づけず

修正できない場合が多く

癖になってしまうと

何度も大事な場面でスコアを大きく

落としてしまう可能性があります。

 

さらに

それを繰り返すことで

イップスとなり

ショットの直前に

恐怖感や不安が増して

ミスが増えてしまうという

悪循環に陥ってしまう可能性もあります。

 

そこで今回は

このような

シャンク地獄(シャンクオブヘル)から

抜け出すための解決策をご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

シャンク地獄から抜け出す方法

この動画の中で解説されていますが

シャンクの原因は

アドレスの問題で生じる可能性があります。

 

【原因】:

アドレスで踵(かかと)に体重がのっている

➡このような状態では

バックスイング

身体が前方に出やすくなります。

 

【対策】:

対策としては

アドレスの際は主に

踵ではなく両足の母指球に

体重がかかるようにします。

このような意識で

アドレス(セットアップ)

するだけで

スイングを大きく変えずとも

シャンクが

改善する可能性があります。

 

また母指球に

体重をのせてアドレスすると

飛距離アップも

期待できますので一石二鳥ですね。

▼つま先体重で飛距離アップ

シャンク地獄で

お悩みの方は

今回の記事を参考に

次のラウンドから大復活しましょう(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。