ゴルフ/『シャローイング』の動きをマスターする方法

シャローイングとは?

『シャローイング』とは

クラブを寝かせた状態で『ダウンスイング』を行う動きのことをいいます。

近年プロゴルファーの中でも

よくこの動きをイメージングしている選手を見るようになりました。

例えば

【海外選手】

☑ ダスティン・ジョンソン選手

☑ ブルックス・ケプカ選手

など

【日本人選手】

☑ 石川遼プロ

☑ 小平智プロ

☑ 片山晋呉プロ

など

著明な選手もこの『シャローイング』の動きを強調しています。

では

『シャローイング』はスイングの中で何を意識したらよいのでしょうか?

今回はこの『シャローイング』について

分かりやすく解説していきます(^^)/

 
スポンサーリンク

『シャローイング』を行う手順

『シャローイング』を行う3つのポイント

『トップ』での手首の掌屈(しょうくつ)

『ダウンスイング』では腰の動きが初動

『インパクト』手前まで手首のコックを維持

主にこの順番でスイングすると『シャローイング』が強調されます。

木村 陽志
木村 陽志

ここから1つずつ詳しく解説していきますね(^^)/

『トップ』での手首の掌屈(しょうくつ)

まず『シャローイング』で重要なのは

『トップ』でクラブを寝かせる必要があります。

これをするのが手首の掌屈(しょうくつ)という動きになります。

『トップ』手首を掌屈(しょうくつ)するというのが

『シャローイング』のスタート地点になります。

『ダウンスイング』では腰の動きが初動

次に『ダウンスイング』では

腰の回転の動きが先行することで

それに伴って右肘が下がります。

これは意識的に右肘を下げなくとも

腰の回転が先行すれば自然に行われる動作になります。

右肘を下げるイメージより

『ダウンスイング』の腰の回転だけを意識しましょう(^^)/

『インパクト』手前まで手首のコックを維持

『インパクト』手前まで手首のコックを

『右腰辺り』まで維持しましょう。

その際のイメージとしてグリップエンドをボールに向けるように

『ダウンスイング』することで

手首のコックは維持されやすくなります。

» 手首のコックとは?

木村 陽志
木村 陽志

『シャローイング』を行う手順として
『トップ』での手首の掌屈(しょうくつ)
『ダウンスイング』では腰の動きが初動
『インパクト』手前まで手首のコックを維持
この3つのポイントを意識して練習してみてください(^^)/

 
スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください