感覚派は歩測をしない【究極のパッティング方法】

パッティングは距離を気にしがち

パッティング精度を高める理論は

様々ありますが

▼パッティング精度を高める方法

いろんな理論を取り入れすぎて

パッティングがなかなか上達しない(>_<)

といった方は多いと思います。

 

そこで今回は

日本でパッティングランキング1位の

片岡尚之プロの

細かいことをあまり気にしない

パッティング理論をご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

片岡尚之プロの【究極のパッティング理論】

この動画の中で解説されていますが

感覚派の片岡尚之プロのパッティング理論は

①ずっと同じタイプのゴルフボール(XV)を使用している

②20年間ずっと同じパターを使用している

③歩測はせず中間のポイントだけ決めて打つ

» 中間のポイントの決め方

④クロスグリップで打つ

» クロスグリップとは?

⑤精度の高いパッティングれんしゅうを行う

» 片岡プロが使用しているパター練習器具

 

このように頭で考え過ぎず

ひたすら自分自身の感覚を磨いていく

というのが片岡プロのパッティング理論のようです。

 

シンプルに

パッティングを上達させたいという方は

いろんなことを考え過ぎず

ご自身の感覚を信じて磨いてみましょう(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。