ピッチングウェッジ(PW)でランニングアプローチが使える理由

グリーン周りのミスを最小限に抑える

グリーン周りでは

優しいライ(地面の状態)

だったとしても

ウェッジの扱いを間違えてしまうと

トップやダフりなどの

ミスを生じて

バンカーに入ってしまったり

大きな損失を

抱えてしまう可能性があります。

 

そこで今回は

グリーン周りでの

大ミスを最小限に抑えてくれる

ピッチングウェッジ(PW)の

ランニングアプローチ方法をご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

PWによるランニングアプローチ方法

この動画の中で解説されていますが

そもそもランニングアプローチが

最も低リスクの

アプローチ方法ではありますが

アプローチウェッジ(AW)や

サンドウェッジ(SW)で

それを行うと

トップしてしまったり

スピンがかかり過ぎて

手前で止まってしまったり

といった問題が生じる可能性があります。

 

そこで

ピッチングウェッジ(PW)を

使用することで

上記クラブよりもロフトが立っているので

トップする

リスクも抑えることが出来ますし

振り幅が小さくてよいので

仮にトップしたとしても

振り幅が少し大きい

サンドウェッジのように

グリーン外まで転がってしまう

というリスクも避けられます。

 

では

PWのランニングアプローチは

どのように行えばよいのでしょうか?

 

【PWのランニングアプローチ】

①少し左足に体重をのせておく

②小さくスイングする

③リズムは少し速くする

といった

とてもシンプルな方法になります。

 

グリーン周りの

残り20ヤード付近で

グリーンエッジまでの

距離が比較的近い場合は

かなり使える武器になると思います(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。