ゴルフのラウンド中に【近いけど危険なルート】と【遠いけど安全なルート】どっちを選択する?

ラウンドの際のルート戦略

ゴルフのラウンド中に

☑近いけど危険なルート(池越えなど)

☑遠いけど安全なルート(フェアウェイなど)

のどちらのルートを選択するのか?

という場面に遭遇することがあります。

こういった場合に

どちらのルートを選択するとよいのかを

簡単に解説したいと思います(^^)/

 
スポンサーリンク

どっちのルートを選択する?

この動画の中では

結果的に

【近いけど危険なルート】を選択した2人がミスショットとなり

【遠いけど安全なルート】を選択した1人が

無事にグリーン近くに寄せることができました。

この結果だけ見ると

【遠いけど安全なルート】を選択した方がいいじゃないか‼

ということになりそうですが

一概にもそうではありません。

例えばこの場面では

右側に池がある状況というところをポイントに上げると

ラウンド中に

フック回転の球が多いと感じる時には

【近いけど危険なルート】を選択した方が

フックボールが出た場合には

フェアウェイがある安全ルートにボールが落ちてくれる可能性が高まります。

 

逆に

スライス回転の球が多いと感じる時には

【近いけど危険なルート】を選択すると

スライスボールが出た場合には

池の方向に飛んでしまう可能性が高まります。

 

今回の動画で

【遠いけど安全なルート】を選択した1人は

実は少しスライス気味のボールが出ているので

ミスショットと言えるかもしれませんが

左方向を目標にしていたため

結果的にはグリーンへ近づく方向へボールが飛んでいます。

 

つまり

ラウンド中のルートの選択では

その日の自分の調子によってどこのルートが安全なのかが決まってくるので

☑その日の調子(ボールの方向性)

☑どこを狙うかではなくどこに飛ぶとよくないのか

という部分をポイントにルート選択を行うと

その日の自分にとっての安全なルート選択ができると思います(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。