ゴルフスイングを安定させる【右手打ち練習】

ゴルフスイングで重要な右手の動き

ゴルフスイングを理解するために

右手の動きはとても重要になります。

右手の動きが左手の動きを上回ってしまうと

【ひっかけ】【チーピン】【フック】になってしまいます。

つまり

スイング中には右手の動きをある程度抑制する必要があります。

▼右手の動きを抑制する方法

今回は

右手の動きを抑制するだけではなく

しっかりと動きを理解することでミスショットを減らすための

右手打ち練習をご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

スイングが安定する右手打ち練習

動画の中で行っている

右手打ち練習のメリット以下の通りです。

①シャローイングの動きが理解しやすくなる

②スイング中の腰の動きが出やすくなる

③ひっかけ、チーピン、フックが改善する

といったところです。

この3つのポイントをもう少し詳しく解説します(^^)/

①シャローイングの動きが理解しやすくなる

この【右手打ち練習】は

最終的には実際にボールを打ちますが

ダウンスイングで右肘を下におろすシャローイングの動きをしっかり行わないと

インパクトでのフェース面がまっすぐにならないので

しっかりボールを捉えることができません。

▼シャローイングとは?

②スイング中の腰の動きが出やすくなる

このシャローイングの次に重要なのが

腰の動きになります。

腰の動きとは骨盤の左回転になりますが

右手のみでショットする際に

この腰の動きが不足すると

しっかりとボールを捉えることができず

方向性にばらつきが出ます。

▼ゴルフスイングに必要な腰の動き

③ひっかけ、チーピン、フックが改善する

ここまで解説した①と②がしっかり行えていれば

ひっかけ、チーピン、フックが改善します。

特に②の腰の動きが不足すると

これらのミスショットが顕著に現れます。

まとめ

ここまでをまとめると

右手打ち練習を行い

ボールがまっすぐ飛ぶ条件は

☑スイング中のシャローイング

☑スイング中の腰の動き

となる。

両者がしっかり行えれば

ボールはまっすぐ飛ぶが

逆にどちらかが不足すると

ミスショットととなる。

ということで皆さんのスイングチェックも含めて

右手打ち練習を行ってみてください(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。