右肘を痛めてしまった方の【ゴルフスイング分析】

右肘痛を引き起こすスイング

今回、ゴルフで”右肘痛”を訴える方から

スイング分析のご依頼を頂きましたので

”右肘痛”を引き起こすスイングのポイントを

解説していきたいと思います(^^)/

※動画はスイング分析のご依頼頂いた方のスイングになります

 
スポンサーリンク

右肘痛=ゴルフ肘

この動画の中で解説しているように

ゴルフで”右肘痛”を引き起こす症状を

いわゆる【ゴルフ肘】という言い方をします。

今回ご相談して頂いた方のスイングも

この【ゴルフ肘】を引き起こす2つの問題点が当てはまっていましたので

ここから少し説明していきます。

ゴルフ肘を引き起こす2つの問題点

【ゴルフ肘】を引き起こす2つの問題点としては

動画の中で解説しているように

インパクトで右肘が伸びすぎてしまう

インパクトコックをほどいてしまう

という点になります。

この①②が揃うと

ダフリなどのミスショットが増えて

地面からの外力によりさらに【ゴルフ肘】を引き起こしやすくなります。

以上のことを踏まえて

今回ご相談いただいた方のスイングを診てみます。

スイング分析

スイングを診てみると

やはりインパクトでの①②が特徴的でした。

まさに【ゴルフ肘】を引き起こしやすいスイングと言えます。

ではなぜ

①②が生じてしまうのかを解説していきます。

①と②が生じてしまう理由

その答えはこの動画の中にあります。

A:左がアイアンでのショット

B:右がウッドorユーティリティーでのショット

ですが

2つのショットには大きな違いがあります。

それは”骨盤の前傾(前に倒れる)角度”になります。

AとBのアドレスを比べてみると

明らかに”骨盤の前傾角度”の差があります。

つまり

A:骨盤前傾角度が浅く背中が丸くなっている

B:骨盤前傾角度はちょうどよく背中がまっすぐ伸びている

といった違いがあります。

このようにアドレスで”骨盤の前傾角度”が不足すると

スイングの際に股関節の動きが制限されて

下半身の動きが出にくく

上半身(肩、肘、手首)の動きが大きくなりすぎて

先程の①②が生じやすくなります。

▼骨盤前傾不足が股関節の動きを制限する理由

このようにアドレスで”骨盤の前傾”が不足してしまう原因としては

日常生活の座る姿勢が影響している場合が多いので

普段椅子にどのような姿勢で腰掛けるのかを確認してみましょう。

▼座る姿勢がゴルフスイングに与える影響

AとBのスイングを診比べてみると

骨盤の前傾角度の差によってBでは

インパクトでも右肘がしっかり曲がっています。

ではなぜ

Bのスイングでは”骨盤の前傾”がアドレスで維持できたのでしょうか?

それは

ウッドなどの長いクラブを持っていたからです。

どういうことかというと

通常アイアンやウェッジなど短いクラブになるほど

”骨盤の前傾角度”は大きく(深く)なっていきます。

つまり

短いクラブほど”骨盤の前傾角度”を維持することが大変になります。

そのためにAのアイアンでのスイングでは代償として

背中を丸めて前傾角度を維持しようとした可能性が考えられます。

なので

アイアンやウェッジなどの短いクラブでも

”骨盤の前傾(股関節からしっかり曲げる)”アドレスをとれるように

もう一度アドレスのルーティンを見直してみましょう。

▼アドレスのルーティン

②の手首のコックをほどいてしまうことに関しては

アプローチでスイング中に固定するべき関節を覚えるのがお勧めです。

この動きは通常のスイングでも必要な動きになります。

▼アプローチの時の身体の動かし方

また

すでに右肘にかなりの激痛があるとのことでしたので

その場合はまず病院を受診した方が良い場合もありますので

まずは

痛みがある部位の状態をチェックしましょう。

▼痛みがある部位のチェック

以上となりますが

今回のスイング分析を参考に”肘の痛み”と

スイングを改善して頂ければと思います^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。