アイアンのフェース面の正しい向き

アイアンは短くなるほどひっかけやすくなる

アイアンショットが調子いい

と思ったら

グリーンに近づくにつれて

ひっかけ

つまり、左方向に飛んでしまう

という経験はないでしょうか?

実はその理由は

アイアンの構造の違いにあります。

そこで今回は

アイアンが短くなるほど

ひっかけやすくなる理由を解説します(^^)/

 
スポンサーリンク

正しいフェース面の向き

ゴルフレッスン動画Tera-You-Golfチャンネル

の動画になりますが

アイアンは短くなるほど

打ち出し方向が左を向きやすくなります。

それは

ライ角の影響で

そうなりやすくなりますが

もしくは

ハンドダウンの状態で

アドレスをとる方も

そうなりやすくなります。

動画の中でも紹介されていますが

アイアンごとに

フェース面の向きが正しいかどうか

確認するのが一番早い解決方法と言えるでしょう(^^)/

▼フェース面の向きを確認する方法

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。