ゴルフスイングの【リズムの速さ】によるメリット・デメリット

リズムでスコアが変わる

皆さんは

ゴルフスイングのリズムを

意識したことがあるでしょうか?

実はゴルフにおいて

このリズムはとても重要になります。

 

例えば

通常は長いクラブほど

リズムは

ゆっくりになりますし

アプローチの方法に

よってもリズムが変化します。

▼アプローチによるリズムの違い

つまり

いろんなクラブを使う

ゴルフにおいて

パフォーマンスを

一定に保つには

リズムでの調整が

一番手っ取り早いということです。

今まで

スイングのリズムを

意識していなかった方は

信じられないくらい

ショットが安定する可能性があります。

 

では

どのようなリズムで

ショットすればいいのでしょうか?

 

そこで今回は

ゴルフスイングのリズムの基本と

リズムが速さの違いによる

メリット・デメリットをご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

ゴルフスイングのリズムの基本

この動画の中で

解説されていますが

ゴルフスイングのリズムの基本は

1、2、3という掛け声を

1⇒アドレス

2⇒トップ

3⇒インパクト

といったように

スイングフェイズごとに合わせます。

その上で

スイングリズムの基準としては

例えば

メトロノーム(≫アプリ)でいう

63という

リズムにするとわかりやすいです。

ここからは

そのリズムよりも

①速い場合と②遅い場合の

メリット・デメリットをそれぞれ解説します。

①スイングリズム速い場合

【メリット】

飛距離が出やすい

余計なことを考えなくなる

☑ルーティングが速くなる

プレイファースト

【デメリット】

手打ちになりやすい

振り幅が大きくなる

②スイングリズム遅い場合

【メリット】

正しいフォームなりやすい

振り幅をコントロールしやすい

【デメリット】

スイングスピードが出しずらい

 

これらを踏まえて

先程の

スイングリズムの基準を

一旦

メトロノーム(≫アプリ)で整え

自分自身に合った

速い・遅いリズムで

より一定のショットが

保てるようにしていきましょう。

 

リズムの基準が

できるとスイングが

崩れた時に

修正しやすくなります。

 

ゴルフは練習や

ラウンドでついた悪い癖を

何度も修正しながら

バランス調整が必要なスポーツです。

 

そのバランス調整の

一手段として

スイングリズムを整える

というのは分かりやすい指標といえます。

 

しかし

メトロノームだけでは

スイングリズムを整えるのが

難しいという方には

自分自身の

スイングフェイズごとに

音が鳴って

リズムを確認しやすい練習器具を

以前ご紹介しましたので

そちらをご参照頂ければと思います(^^)/

▼リズム調整しやすい練習器具

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。