ゴルフをすると【若返る】のか?

ゴルフにはいろんな効果がある

ゴルフをすることで

☑健康になる

☑心筋梗塞を予防できる

☑メンタルが整う

☑人間関係がよくなる

今までこのような様々な良い効果があることを

解説してきました。

では今回は

このような心身共に良い影響を与えてくれる

ゴルフをすると【若返る】のか?

といった部分の解説をします(^^)/

 
スポンサーリンク

ゴルフをすると若返るのか?

メンタリストDaiGoさんの動画の中で解説しているのは

若返りの【薬】や【サプリメント】を飲むわけではありません。

老化に関係するテロメアという細胞の中に含まれる染色体が関係しているようです。

テロメアの長さが長いうちは細胞分裂が盛んにおこなわれるので

細胞が何度も再生して皮膚など老化が目立つ部分がどんどん若返っていきます。

 

しかし

逆にテロメアがの長さが短いと細胞分裂が行われなくなるので

どんどん老化が進行してしまいます。

動画の中で解説されているのは

テロメアを長くして9年若返ることができる方法になります。

9年若返るとは夢のような話ですよね。

 

ですが

方法はいたって簡単です。

毎日時速7km(早歩き)ほどのスピードで約30分ウォーキングすることです。

(普段の歩行速度は㎞時速3~4km)

思ったより現実味があって簡単にできそうですよね。

では、これをゴルフに当てはめるとどうでしょうか?

ゴルフでは1回のラウンドでカートに乗らなかった場合

約7.5kmも歩くことになります。

結構歩きますよね。

テロメアを長くするためには

それに加え時速7kmのスピードで歩く必要があります。

つまり

ゴルフをして若返るためには

☑カートにできるだけ乗らないこと

☑時速7kmの早歩きで移動すること

この2つが条件になります。

しかし

いきなりこれを行うと負荷が強すぎる場合があり

その場合は上記の効果が得られない可能性がありますので

ある程度自分に合った負荷でウォーキングするようにしましょう(^^)/

▼自分に合った運動負荷量の決め方

結論

ゴルフをすると若返るのか?

☑カートにできるだけ乗らないこと

☑時速7kmの早歩きで移動すること

を満たせば若返りの要素はありますが

それに加えてウォーキングをする頻度ができるだけ毎日必要になります。

しかし

ゴルフのラウンドを毎日することは現実的ではなく

結局、日常生活の中でウォーキングすることが重要になります。

なので

ゴルフをすると若返るのではなく

ゴルフをするときに上記2つの条件を満たせば

若返りの要素が得られる。ということは言えると思います。

ここで勘違いしてはいけないのが

ゴルフだけで若返る?という質問であれば

そうではないという結論になります。

運動習慣のきっかけをつくるという意味では

ゴルフは最適だと思いますので

楽しさを味わいながら若返りの材料として

ゴルフをすることが大切ですね(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。