カップ付近でピタッと止まるパッティングのコツ

外れてもカップをオーバーしないパッティング技術

パッティング技術は

大きくスコアに影響しますので

是非高めておきたいですよね。

▼パッティング技術向上の方法

しかし

そう簡単にミスを減らすことはできないでしょう。

そこで今回は

ツアープロのように

カップをオーバーしてもボールが転がり過ぎずに

ピタッと止まるパッティング技術について解説したいと思います(^^)/

 
スポンサーリンク

カップ付近んでボールをピタッと止める技術

引用元:Gridge.info

カップ付近でボールをピタッと止めるパッティングの方法としては

ボールの真ん中(の高さ)にフェース面を当てることです。

 

ボールの上に当たってしまえば

トップしてボールが転がり過ぎてしまいますし

ボールの下に当たってしまえば

ダフって逆にボールが転がらなくなってしまいます。

ボールの真ん中にフェース面に当てると

カップまではボールが転がり

カップ付近でボールがピタッと止まりやすくなります。

このようなパッティングができれば

距離感を合わせやすくなりパット数を減らすこともできるでしょう。

 

では実際には

どうやってボールの真ん中にフェース面を当てればよいのでしょう。

その方法はパターを12ミリ地面から離してパッティングすることになります。

これを行うことでどのパターでも

比較的ボールの真ん中を捉えることができるようです。

▼詳細は以下のHPヘ

» Gridge.info

皆さんもパッティングでの大きなミスを減らして

次のラウンドからのスコアアップを目指しましょう(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。