パッティング前にボールの線を正確に合わせる方法

ショートパットを外さない

スコアが伸び悩む方は

ショートパットに

自信が持てないという方が多い印象です。

 

ショートパットが決められれば

確実にスコアアップできるのに

なかなか決められない(>_<)

 

そういった方は

メンタルが弱いのか?

パターが悪いのか?

ボールが悪いのか?

と問題から遠ざかってしまったり

逆に自分の技術面の責任ばかりにしてしまうと

イップスになってしまいます。

 

以前、ショートパットが上達する練習は

ご紹介しましたが

▼ショートパットを極める練習法

今回は実際のパッティングの時に

ボールの線を使って正確なパッティングを行う

実践的な方法をご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

ボールの線を正確に合わせる方法

この動画の中で解説されていますが

ショートパットを正確に決めるには

まずボールにラインを引く必要があります。

▼ボールにラインを引くツール

その後に

しゃがんだ状態で利き目でボールを見て

パターのシャフトで

線を引いたボールの左側とカップを合わせます。

そこで

ボールの線が狙いたい方向に合っていれば

パッティングのアドレスを行います。

 

そしてアドレスの際に

パターにも線を書いておき

(もともと線が付いているパターもあります)

ボールの線と合わせながらパッティングを行います。

 

この方法は

グリーンの読み方が間違っていると

そもそも成立しませんが

狙いたい方向に打ち出すという意味では

非常に有用な方法です。

 

グリーンの読み方も合わせて

学習しておくと

更に精度が高まりますので

こちらの記事も参考にして頂ければと思います(^^)/

▼▼▼

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。