パターの直前の素振りでミスを減らす方法

パター直前の素振りの正解って?

パターはスコアに大きく影響を与えますので

精度を上げて一番ミスを減らしたい場面ではあります。

そこで今回は

パッティングの精度を高めてミスを減らすための方法を

ご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

パター直前の正しい素振りの方法

片山晋呉プロのYouTubeチャンネル動画の

3:30あたりからパター直前の素振りの方法について解説されています。

よくやりがちな素振りは

”ボールを見て数回素振りする”ということです。

しかし

片山晋呉プロは

『ボールを見るのではなくカップの方を見て素振りをするべき』

と解説しています。

それは何故なのか?疑問になります。

 

その理由は

パター直前の素振りで最も重要なのは

”素振りの振り幅を決めることが大事である”

ということになります。

そのためには

先程のように

カップを見ていることで

距離感のイメージができやすくなりますので

パターの振り幅をある程度決めることができます。

 

ではパターの方向性はどのように決めればよいのでしょうか?

それは

パター直前のボールの置き方で

解決しますので以下の記事を参考にして頂ければと思います(^^)/

▼パター直前のボールの置き方

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。