ゴルフ/パターのグリップ

あなたはどんなグリップ?

パターのグリップを気にしたことはありますか?

渋野日向子プロの思い切った『ロングパット』が話題になっていますが

皆さんはどういったグリップ(握り方)ですか?

 

パターは手の感触がとても重要です。

『使っているパターを変えた時』

『調子が上がらない時』

には是非パターのグリップを変えてみるのもいいかもしれません。

パターの場合

少しの変化ですぐに良くも悪くもなりますので

ご自分に合ったグリップを使い分けていくというのも重要かもしれません。

そこで

今回はパターの基本的なグリップを解説していきますね(^^)/

▼通常のクラブのグリップはこちら

スポンサーリンク

パターでの手の動き

パターでの手の動きは

写真のように両手を向き合わせた状態で

できるだけ上下の動きを出さないように

左右方向に動かします。

動かす部分は大きくとも肩までです。

脚、腰の部分はできるだけ固定した状態にしておきます。

(※通常のスイングは腰の回転が重要です)

グリップの種類

~オーバーラッピング~

【握り方】

他のクラブと同様に左手の人差し指に右手の小指と薬指をかぶせるように握ります。

【特徴】

☑ アマチュアゴルファーに多いグリップ

☑ 他のクラブでオーバーラッピングのグリップにしている方はアイアンなどと同じ感覚で打てる

☑ 手首のコックが入りやすく打ちすぎてしまう場合がある

~逆(リバース)オーバーラッピング~

【握り方】

オーバーラッピングとは逆に右手の小指と薬指の間に左手の人差し指を置きます。

【特徴】

☑ プロに多いグリップ(タイガーウッズや渋野日向子プロなど)

☑ オーバーラッピングを少し変則させただけなので違和感なく握ることができる

☑ 若干右手の動きが抑えられるため安定して打ちやすい

~クロスグリップ~

【握り方】

オーバーラッピングとは左右の手を完全に逆に握ります。

オーバーラッピング:アドレスの際右手が下、左手が上

クロスグリップ:アドレスの際右手が上、左手が下

【特徴】

☑ ジャック・ニクラウスも使用していた

➡本人も『もし生まれ変わっったとしてもまたこのグリップを使い続けるだろう』

と、このグリップを絶賛しています

☑ 右手の動きが完全に固定されるので左手中心のスイングとなる

☑ 左肩が下がる形になるので肩の位置に違和感が出やすい

 

~テンフィンガー~

【握り方】

全ての指が接触するように握ります。

【特徴】

☑ 両手でしっかり握り込むため手がブレにくい

☑ 手にしっかり力が入るので打ちすぎてしまう可能性がある

パターのグリップまとめ動画

木村 陽志
木村 陽志

いかがでしょうか?
パターのグリップは相性がありますので変えた瞬間に良くなったり、悪くなったりもします。まずは理屈抜きでいろんなグリップを試してみるのもいいかもしれませんね(^^)/

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください