【固有受容器】を刺激するとゴルフスイングが安定する!?

固有受容器って?

引用元:PNF研究所

固有受容器(こゆうじゅようき)

身体のいろんな場所にある感覚神経のセンサーのことを言います。

このセンサーのことを感覚受容器(かんかくじゅようき)と言いますが

ここにある刺激が加わると

神経や筋肉の反応が良くなり

一瞬でスイングが安定します。

それによりイメージ通りボールを捉えやすくなります。

今回はゴルフスイングが安定する

固有受容器を刺激する方法について解説します(^^)/

 
スポンサーリンク

固有受容器を刺激する2つの方法

固有受容器を刺激するには

主に身体を不安定な状態にすることで感覚受容器の感度を上げて

神経や筋肉が素早く反応できるようにする必要があります。

そこであえて身体の状態を不安にする方法を2つご紹介します。

▼①上半身の固有受容器に刺激を与える方法

1つ目はこのバランスボールを使用したスイング練習になります。

上半身の土台となる骨盤を不安定な状態にすることで

上半身にある固有受容器が刺激されて

スイングが安定しやすくなります。

▼②下半身の固有受容器に刺激を与える方法

2つ目はバランスディスクを使用したスイング練習になります。

下半身の土台となる足を不安定な状態にすることで

下半身にある固有受容器が刺激されて

スイングが安定しやすくなります。

 

いかがでしょうか?

何度としては②の方が難しいので

まずは①から行うことをお勧めします。

②が安定するようになったら

直後にボールをショットしてみてください。

何も考えずともボールが格段に捉えやすくなっていると思います。

是非お試しください(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。