ショートパットの確率が格段に上がる方法

最後の最後をしっかり決める

ゴルフでスコアアップしたい

という気持ちはあっても

最後の最後の

ショートパットがいつも決まらない。

 

そんな方は

多くいらっしゃいます。

 

そこで今回は

ショートパットが

決まりやすくなる方法をご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

ショートパットの極意

この動画の中で

堀川未来夢プロが解説していますが

ショートパットが入るようになるポイントは

ボールにスピンをかけることになります。

 

どんなスピンかというと

●スライスラインにはスライス回転

●フックラインにはフック回転

といった感じです。

 

このようにスピンをかけると

逆にボールの曲がりが

大きくなってしまうのではないか?

と、疑問になります。

 

しかし

堀川プロいわく

この方法で

その曲がりは逆に減るとのことです。

 

その方法をまとまると

【スライスライン】

①いつもの読み通りのアドレスをとる

②スタンスだけ少し開く

③いつもの狙い通りパッティングする

 

【フックライン】

①いつもの読み通りのアドレスをとる

②スタンスだけ少し閉じる

③いつもの狙い通りパッティングする

 

このようなシンプルな方法になります。

 

スライスやフックを意識して

パッティングすると一定した打ち出しが

行いにくくなります。

 

しかし

アドレスでスタンスを開くか閉じるか

だけで打ち出しを意識せずに

スライスやフック回転をかけることができるので

一定したパッティングがしやすいという

方法になります。

 

ある程度グリーンが読めて

パッティングの経験値がある中級者以上に

おすすめの方法になるかと思いますが

まずはラウンド前の

パッティング練習で試してみて

合っていれば

実践でも使用してみましょう(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。