カット打ちのスイングを秒でオンプレーンに乗せる【ゴルフ素振り練習法】

飛ばないOBしやすいカット打ち

カット打ちは

ダウンスイングで

極端なアウトサイドインの

スイング軌道でインパクトへ

向かうことを言いますが

☑スライスボールが出やすい

☑飛距離が出ない

☑OBしやすい

などゴルフの

パフォーマンスを下げてしまう

悪いスイングの

典型例と言ってもよいでしょう。

 

しかし

このカット打ちは

一度癖になってしまうと

なかなか修正が難しく

苦労する方も多くいらっしゃいます。

 

そこで今回は

このカット打ちを

秒で改善させる

素振り練習をご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

カット打ち改善させる二本振り練習

この動画の中で

片山晋呉プロが

解説していますが

カット打ちの場合は

正しいスイングプレーンから

大きく外れてしまっているために

まずはオンプレーン

近づける素振り練習が重要になります。

 

具体的には

ダウンスイングで

右手の押し出し

強くなっているので

それを抑制する必要があります。

 

そのために

有用なのがクラブを

二本持ち両手同時に

素振りすることになります。

 

これを行うことで

右手のクラブが左手のクラブと

“ぶつからない”ように

スイングしなければならないので

自然に右手の押し出し

動きが抑制されて

オンプレーンのスイングが可能となります。

 

この方法を練習の際に

数回、二本振りで素振りしてから

数球ショットするという

繰り返しの練習をすることで

自然に

カット打ちが抑制されやすくなります。

 

それでもまだ

右手の押し出し

強い方は

右手の動きを抑制する

別の方法も試してみてください。

▼右手の動き抑制する練習

皆さんも

カット打ちを改善させて

飛距離アップ

そして

スコアアップを目指しましょう(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。