ゴルフのスコア別に変えるべき練習方法

自分に合った練習

ゴルフの練習を

コツコツ積み重ねているが

スコアが停滞している

という方は

多くいらっしゃると思います。

もしかしたら

その原因は

現在のご自分の状態に

合っていない練習を

行っている可能性があります。

 

そこで今回は

目標・スコア別に行うべき

それぞれの

練習法について解説します(^^)/

 
スポンサーリンク

目標・スコア別練習法

この動画の中で

解説されていますが

ここからそれぞれの

スコア別の練習法を解説していきます。

①ゴルフ初心者の練習法

ゴルフ初心者の練習法は

【①正しいグリップとアドレスを身につける】

1つ目としてまずは

ゴルフの基本中の基本である

グリップとアドレスを正しく理解しましょう。

▼正しいグリップ

▼正しいアドレス

▼間違ったアドレス

【②アプローチ練習(左足体重)】

2つ目は

アプローチの練習を

徹底的に行いましょう。

ポイントは

左足体重で練習することです。

▼アプローチの基本

【③とにかく振る練習】

3つ目は

様々な理論を取り入れることで

振れなくなっている場合が多いので

まずはしっかり振る

ということが重要になります。

▼室内でもしっかり振れる練習

②100切りの練習法

100切りを目指す方の練習法は

【①ドライバーの基礎を叩き込む】

1つ目は

ドライバーの飛距離ではなく

精度を上げて

とにかくOBをなくしましょう。

▼飛ばなくてもまっすぐ飛ばすドライバー

【②転がしのアプローチ】

2つ目は

転がしアプローチになりますが

転がして

常に手前から攻めることで

ミスを最小限に

抑えることができるので

100切りを目指すには

絶対に

身につけておきたい技術と言えますね。

▼転がしアプローチの基本

▼テキサスウェッジも使っていきましょう

③90切りの練習法

90切りを目指す方の練習法は

【①アプローチの基礎を身につける】

1つ目は

アプローチの基礎になります。

なぜ改めて

基礎が大事かというと

90切りをするには

時々寄せワン

(アプローチで寄せてワンパット)を

しなければならないので

アプローチのミスを

減らすことに加えて

何回かは

思い通りの寄せができる必要があります。

▼50ヤード以内アプローチの基本

【②ミドルレンジのパッティング練習】

2つ目は

ミドルレンジ

(4m~8mくらい)の

パッティング練習が重要になります。

理由としては

90切りするレベルになると

パーオンすることが

増えてくるので

ミドルレンジでの

パッティング機会が増えます。

ここでのパッティングで

3パットとなると

致命的ですので

是非練習しておきたいですね。

▼ミドルレンジのパター練習

④80切りの練習法

80切りを目指す方の練習法は

【①ボールストライキング能力を高める】

ボールストライキング能力とは

どんな状況でも

ミートできる能力になります。

そのためには

ラウンド回数を

増やすことが一番になります。

室内でもある程度

ミートを高める練習方法は

ありますが様々なライ(地面の状態)に

対応するには

ラウンドすることが最適になります。

しかし

ラウンドの頻度を増やすことが

難しいといった方は

多いと思いますので

そういった方は

ショートコースで

ハーフラウンドの頻度を増やす

というのもいいかもしれません。

ショートコースであれば

通常のラウンドよりも

費用と時間が節約できます。

▼仕事終わりにショートコースでラウンド

【②1.5m~2.0mのパッティング練習】

70台のスコアが出せる人の

0.8mのパッティング精度は

7~8割が

カップインできる

といったレベルなのですが

1.5m~2.0mになると

パッティング精度は

5割以下と

極端に落ち込んでしまいます。

なので

この距離のパッティング精度を

磨いておくというのが

80切りを目指すうえでは

必要になることと言えます。

▼3m以内のパッティング練習

以上となりますが

皆さんの現状のスコアに合わせて

必要な課題を一つ一つクリアして

次のステージへ進んでいきましょう(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。