パターの時の『利き目で見る』ボールの置き方

パターの時のボールの置き方

皆んさんは

パターの時はどのようにボールを置いていますか?

このボールの置き方によってパッティングの確率が

大きく変わりますので

とても重要な行為と言えます。

しかし

ただぼーるを置くだけでは

パッティングの確率は上がりませんので

今回は

利き目を使ったボールの置き方をご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

まずは利き目を判定しましょう

『利き目』とは

左右の目のうち

普段はどちらの目を主に使っているかということになります。

利き目ではない方の目は

補助的な役割を果たします。

利き目を判定する方法は

過去の記事で解説しましたが

パターの際は利き目が【右目】の場合

少し不利になりますので

確認しておくことをお勧めします。

▼利き目の判定方法

上記の記事を見て頂くと

利き目が【右目】だと不利な理由も分かって頂いたと思います。

しかし

仮に利き目が右目であっても

パター前にボールを置いた際に

マーキングで打つ方向を決めてしまえば

利き目の影響を受ける可能性も少なくなります。

そのために

以下のようなボールの置き方がお薦めになります。

【動画】パターの時のボールの置き方

いかがでしょうか?

普段ボールの置き方は気にしていても

『利き目』でボールを見る!!

ということを意識されている方は少ないと思います。

ボールを置いた時点で

打つ方向は確定させて

打つ強度だけに集中できるようにしましょう(^^)/

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。