【ゴルフスイング】しやすくなるストレッチ まとめ

ストレッチでゴルフは変わる!!

理想的なゴルフスイングを行うには

ある程度の身体の柔軟性が必要となります。

特に【肩関節】【手関節】【股関節】の柔軟性が重要になります。

そこで今回は

ゴルフスイングがしやすくなるストレッチをいくつかご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

①アドレスを整えるストレッチ

このように背中が丸まってしまったアドレスでは

スイング中の身体の回転不足を引き起こしやすくなります。

これを改善するには以下のストレッチがお勧めです。

▼背中が伸びるストレッチ

またこのような場合

特に股関節の動きが制限されてしまいます。

そこで以下のストレッチも追加で行っておくとよいでしょう。

▼股関節のストレッチ

②トップを整えるストレッチ

トップで厄介なのがこの肘曲がりになります。

これは肩関節の柔軟性が低いと生じやすいのですが

肘曲がりによって

☑ダフリ、トップ

☑飛距離ダウン

といった残念な結果となってしまいます。

これを改善するには以下のストレッチを実施してみましょう(^^)/

▼肘曲がりを改善するストレッチ

トップでの問題はもう一つあります。

それは左手首の掌屈(ヒンジング)です。

この動きが困難であると右方向への飛球が増えてしまいます。

以下のストレッチで改善しましょう。

▼トップでのヒンジング

③ダウンスイング~インパクトを整えるストレッチ

ダウンスイング~インパクトで重要なのは

股関節の動きになります。

この股関節の動きが不足すると

写真のような骨盤の過剰なシフト(移動)=スウェイが生じます。

スウェイによりダフリ、トップなどのミスショットが増えますので

是非改善しておきたいですね。

スウェイの改善は以下のストレッチを行いましょう。

▼スウェイを改善するハムストリングスのストレッチ

▼スウェイを改善する左股関節のストレッチ

以上を行えば

ゴルフスイングに必要な最低限の柔軟性は確保できるでしょう。

逆にこのストレッチが行いにくいと感じる部分に

スイングの問題点がある可能性があります。

ご自身の身体の柔軟性の確認も含めて是非お試し頂ければと思います(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。