これを知ったらパッティングが入り過ぎてしまう【秘策】~ポイントは骨盤~

パッティングを悪くする動き

パッティングが苦手だ!

パッティングにいつもばらつきがある!

など

スコアが安定しない

原因の1つとして

パッティング精度の問題があります。

 

もしかして

そういった方は

パッティングの際に

やってはいけない動きを

行ってしまっている可能性があります。

 

そこで今回は

パッティング精度を低下させる

骨盤の動きをご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

パッティングの際にやってはいけない骨盤の前傾

この動画の中で解説されていますが

パッティング精度を低下させる

一つの要因は骨盤の前傾になります。

 

通常のショット(スイング)の際は

骨盤前傾は必要な動きになりますが

▼アドレスで必要な骨盤前傾

パッティングの際は

下半身の動きを

できるだけ制限した方が

方向性が安定するので

骨盤の前傾ではなく

むしろ後傾させて

股関節にあるY靭帯で

固定しておくというのが重要になります。

トッププロのタイガーウッズなど

有名選手のパッティングを見ても

大半の選手が

パッティングの際は

骨盤後傾位となっています。

 

パッティング精度を高めるために

様々な理論を沢山詰め込んで

頭の中を混乱させるよりも

現在行っている間違った動きを

1つ減らすだけという

シンプルな方法で

まずは1打ずつ縮めてみませんか(^^♪

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。