スイング中に右膝を痛める理由

ゴルフの後に右膝は痛くなっていませんか?

ゴルフの練習やラウンド後に

右膝が痛いと感じたことはありませんか?

過去に間違ったスタンスをとっていると

右膝痛を発症してしまうことは解説しましたが

今回はスイング中の右膝の動きによって

痛みを生じてしまうメカニズムについて解説します(^^)/

 
スポンサーリンク

右膝を痛めるスイング

右膝を痛めてしまう原因は

主にダウンスイングからインパクトでの右膝の動きにあります。

この時期に写真のように

右膝を深く曲げたままにしておくと

右膝の内側にある内側側副靭帯(ないそくそくふくじんたい)

が引き伸ばされて痛みを生じてしまいます。

引用元:https://therapist-life.com/mcl-injured

特に内側側副靭帯の中でも

浅層の線維が痛みを生じます。

ゴルフの練習やラウンド後に

右膝の内側に違和感や痛みを生じた場合は

ダウンスイングからインパクトでの右膝の動きを改善しましょう。

スイング中の右膝の動きを改善する方法としては

以下の記事で解説しました。

▼スイング中の膝の動きを改善する方法(記事後半で解説)

すでに膝の状態が

☑赤くなっている

☑腫れている

☑圧迫するとかなり痛い

☑膝が曲がりにく

という人は以下の記事で

痛みの対処法を行うことをおすすめします<m(__)m>

▼ケガした時の対処法

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。