フェースの“芯”以外を使う技術

時にはフェースの“芯”を外したっていい

ゴルフの練習中に

皆さんが意識すること

それは

クラブフェースの“芯”に当てること

が一つあると思います。

しかし

それだけを意識していては

ミスのカバーはできません。

つまり

大切なのは

いかにミスを最小限にするか

という部分になります。

そこで今回は

ミスを最小限に減らすための

フェースの“芯”以外を使う技術を

ご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

フェースの“芯”以外を使う技術

この動画の中で

堀川未来夢プロが

フェースの“芯”以外を使う技術を

解説されています。

(動画の9分10秒あたりから)

 

ここで解説されている方法は

単純にバンカーや池など

飛ばしたくない方向へ

飛ばさないために

あえて

少しフェースの“芯”を外すことを

許容する方法になります。

 

具体的には

【左方向へ飛ばしたくない時】

①少しボールに近づいてアドレスする

②クラブを少し短く握る

①②のどちらかを行うことで

フェースのヒールor下部に当てて

右方向に出やすくします。

 

【右方向へ飛ばしたくない時】

①少しボールから離れてアドレスする

②クラブを少し長く握る

①②のどちらかを行うことで

フェースのトゥor上部に当てて

左方向に出やすくします。

 

これは

クラブフェースに

ボールが当たる場所によって

生じるギア効果を利用した方法になります。

▼ギア効果とは?

皆さんも

あえて

“芯”を外してしまうことを

許容して

ミスを最小限に抑えて

スコアアップに繋げましょう(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。