コースだけ曲がる理由と改善方法【ティーショット】

練習の時は曲がらないのに

ゴルフ練習場では曲がらないのに

コースに出た時に曲がってしまう

というご経験は皆さんもあると思います。

その理由の一つとしては

練習場は開けた環境

つまり心理的影響を受けない状況なので

落ち着いてショットが可能です。

しかし

実際のコースでは様々な心理的影響を及ぼすものが潜んでいます。

▼コースの心理的プレッシャー

そこで今回は

こういった心理的プレッシャーの影響を

できるだけ受けない方法をご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

コースで曲げない方法

今回はTERA-YOU-GOLFチャンネルの

動画でご紹介されている方法になりますが

方法は2つになります。

 

心理的なプレッシャーを受ける環境だと

アドレスの向きがズレてしまいやすいので

それを予防するために

☑ボールのロゴを打ち出し方向に向ける

☑アライメントスティックを置く

という方法になります。

 

しかし

アライメントスティックをコースで使用することは

公式ルール上は禁止されていますので

競技ではない時に使用するようにして頂ければと思います(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。