ゴルフ/目の前の障害物をクリアする秘策

目の前の障害物をクリアする秘策

ゴルフラウンド中に

OBギリギリの場所に打ち込んでしまうことは

時々あります。

もちろんプロゴルファーのツアーでも時々見かける光景です。

プロゴルファーの場合はそんな状況でも

『パー』や『ボギー』で乗り切ったりしていて

本当にすごいと思います。

▼タイガーウッズのリカバリーショット

なかなかこんなショットは打てない!!

そう思うかもしれませんが安心してください。

スーパーショットとはいかなくとも

まずは『大たたき』をなくすことで

スコアは大きく変わります。

なので今回は

こういった障害物をクリアするための秘策をご紹介します。

 
スポンサーリンク

障害物をクリアするには

まず障害物をクリアするために欠かせないのが

『ライ(地面)』の確認です。

障害物が目の前にある場所ではほとんどの場合

『ライ』が悪い可能性が高いです。

それを考慮しないと結果的に

障害物にボールが当たってしまうので

忘れがちですが一番初めに確認したい部分です。

それぞれの『ライ』での対策は以下に示しておきます。

▼上りの『ライ』での対策

▼下りの『ライ』での対策

▼つま先上がり、下がりの『ライ』での対策

これらの『ライ』の対策を整えたところで

障害物をクリアする秘策はたった一つです。

それはボールの約10cm前に目標を定めることです。

どういうことかというと

この状況ではとにかく障害物にばかり目が行きがちで

どうしても心理的プレッシャーを受け続けることになります。

その結果障害物にボールが当たってしまいます。

なので手順としては

▼①ボールの真後ろから目標方向を決める

▼②ボールの約10cm前に目標を決める

▼障害物は見ず10cm先に決めた目標を狙って打つ

このような流れでショットして頂ければ

大きなミスや心理的影響を受けずにすみます。

是非、このような状況に陥った際に

お試し頂ければと思います(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。