スイングは変えずに【ミスショット】を減らす3つの方法

スイングを変えるとスコアが落ちる

皆さんはゴルフレッスンなどで

ご自分のスイングを大きく変えた時

ボールに当たらなくなりスコアを落としたご経験はないでしょうか?

長期的にはスイングを正しく修正することは必要ですが

1週間後や数日後にラウンドを控えていたらとても間に合いません。

そこで今回は

スイングを変えず今のスイングのまま

ミスショットを減らす3つの方法をご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

ミスショットをなくす3つの方法

スイングを変えずにミスショットを減らす方法は

① ボールの位置を変える

② インパクトの形を身体で覚える

③ 腰の位置を安定させる

主にこの3つになります。

では、ここから

それぞれの解説をしていきます。

① ボールの位置を変える

まず1つ目の方法は

ボールの位置を変えることになります。

しっかりとボールを捉えるには

現在のスイングでインパクト時のクラブの最下点にボールを置く必要があります。

(※最下点:スイング時にクラブがマットと軽く接触する点)

クラブの最下点

スイングによっては極端に左足や右足寄りに置いた方が

しっかりボールを捉えられる場合があります。

最下点は個人差が大きいので確認が必要です。

確認方法は

スイングしながらマットに擦れた場所をご自分で見つけるか

誰かに見てもらうことをお勧めします。

▼最下点=ボールを置く位置の見つけ方の詳細

② インパクトの形を身体で覚える

次に2つ目の方法は

インパクトの形を身体で覚えることになります。

どういうことかというと

そもそもアドレス(左)とインパクト(右)の形は全然違います。

しかし

スイングする際は最初に構えたアドレスの記憶が

身体に刻み込まれているので

正しいインパクトの形ができていない場合があります。

そこで

アドレスの前にインパクトの形をつくり

その後にショットするという練習を1分間行います。

そうすることで

身体がインパクトの形を無意識に覚えるので

ミスショットが格段に減ります。

▼無意識にミスショットを減らす方法の詳細

③ 腰の位置を安定させる

最後に3つ目の方法は

腰の位置を安定させることになります。

スイング中にこの腰の位置が大きく動いてしまうことで

スイングの軸がブレてミスショットが出てしまう方が多くいます。

特に疲れが出やすい後半の9ホールでミスショットが増える方は

これが原因かもしれません。

ラウンド中にも行える腰の位置を安定させる方法は

壁やゴルフバックをお尻に当てて

お尻が離れないように数回素振りするだけです。

これを行うだけでかなり腰の位置が安定します。

▼腰の位置を安定させる方法の詳細

まずは今のスイングのまま

ミスショットを減らしたいという方は

今回ご紹介した3つの方法を行ってみてください。

短期的にミスショットを減らすにはお勧めです(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。