苦手な3番ウッドが芯に当たるようになる2つのポイント

3番ウッドの苦手意識

フェアウェイウッドの中で

3番ウッドは飛距離が必要であるため

力みが生じやすく

●ミスショットで1打損失

●OBで2打損失

といった高いリスクを抱えています。

 

そのため

なかなか思い切れないクラブと言えます。

 

そこで今回は

その苦手意識をなくすための

3番ウッドが得意になる2つのポイントを

解説したいと思います(^^)/

 
スポンサーリンク

3番ウッドが得意になる2つのポイント

この動画の中で柏原明日架プロが解説していますが

3番ウッドが得意になるポイントはとても単純です。

 

①ウッドを少し短めに持つ

➡短いほど当たりやすい

» クラブを短く持つメリットとデメリット

 

②膝を少し曲げるorつま先体重にする

➡下半身の動きが良くなる

 

といった2つのポイントになります。

 

簡単なポイントではありますが

スイングを大きく変えるわけではないので

フォームを変えることでの

一時的なパフォーマンスの低下も最小限に抑えられます。

 

まずは練習場で試してみてください(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。