ゴルフで【ミスショット】をなくすための準備

ミスショットの9割は準備不足

ゴルフのラウンド中に

後ろの組に見られていたり、追い付かれたりして

焦りと緊張するあまり

ついつい何も考えずにショットしたら

ミスショットになってしまった(>_<)

なんてご経験はないでしょうか?

プレーファースト(速やかなプレー)はマナーとして常識ですが

ショットの直前にほんの少しだけ準備するだけで

ミスショットは大きく減ります。

今回はミスショットをなくすための4つの準備をご紹介します。

 
スポンサーリンク

ミスショットをなくす4つの準備

ミスショットをなくすための準備としては

ライ(地面の状態)に応じた

☑スタンス

☑クラブの持ち方

☑スイングの意識

が重要になります。

これらをライごとにまとめました。

▼①上りのライでのショットの準備

▼②下りのライでのショットの準備

▼③つま先上がり、下がりのショットのポイント

この3つのポイントを押さえておけば

ラウンド中の最低限のライには対応できて

ミスショットはかなり減ります。

これに加えてもう1つ

目の前に障害物がある場合の対処方法も覚えておくと

木にはじかれるなど大きなミスは少なくなります。

▼④障害物がある時のショットの準備

以上の4つのポイントを

その時のショットの状況に合わせて使い分ければ

ミスショットが減り、確実にスコアアップできるでしょう。

是非お試し頂ければと思います(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。