ミスショットの原因は『インパクト』での腰の動きにある!!~スイングを分析~

ほとんどのゴルファーは腰の回転不足

多くのゴルファーのスイングを分析してきた中で

特によく見られるのが

ダウンスイング~インパクトでの『腰の回転不足』です。

この動きは

正式には股関節の動きの不足になりますが

フィニッシュに大きな差はないため

動画などでスロー再生しないと

意外とわからないのです。

この『腰の回転不足』によって

『ダフリ』『スライス』などの

ミスショットを引き起こしやすくなりますので

是非改善して頂きたい動きになります。

皆さんは

以下のような

スイングになっていないでしょうか?

【動画】スイングの問題点解説

このような上半身中心のスイングでは

インパクトの際に

フェース面が開きやすくなり

『プッシュスライス』を引き起こしやすくなります。

▼上半身中心のスイングでフェース面が開きやすくなる

さらに

インパクトの際の腰の回転不足によって

手首のコックが維持できないので

『ダフリ』やすくなります。

ではここから

このようなミスショットを減らすために

スイング中の『腰の回転不足』を改善する方法をご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

スイング中の腰の動きを改善する方法

スイング中の腰の動きを改善する方法は

今すぐに

今ある道具でできるものを

2つご紹介しておきます。

▼腰の回転を意識する練習

▼腰の回転を入れるタイミング

このような

方法でダウンスイング~インパクトにかけての

腰の回転が強調されるようになります。

是非皆さんもチャレンジしてみましょう(^^)/

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。