ミート率を上げるにはボールを面でとらえること!!

ボールをとらえる感触

ミート率とは

ヘッドスピードが、ゴルフボールにどれだけ伝わったかを数値で表したものになります。

つまり

どれだけしっかりボールに当たっているのかを知る数値になります。

▼ミート率の計測方法

ゴルフが難しい理由の一つとして

ボールが小さいためにしっかり当たらない

ということがあります。

そこで

ボールを捉える感触をつかむための2つの練習方法をご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

ボールを面でとらえる

ゴルフでは

他のスポーツと比べても

ボールだけではなくクラブのフェース面も小さいスポーツです。

なので

より高い精度でボールを捉える必要があります。

それらに見合った練習を以下にご紹介します。

①フェース面を意識した練習

まず一つ目に重要なのは

ボールを捉える時に面で捉える意識を持つことです。

ゴルフの場合ボールに当たる面の角度が少しズレるだけで

とんでもない方向にボールが飛んでいってしまいます。

なので

まずは正しいフェース面の動きを意識しましょう(^^)/

▼フェース面を意識した練習

木村 陽志
木村 陽志

この練習はいつでもどこでもできるので便利です(^^)/

②大きなボールを打つ

次に二つ目に重要な練習は

大きなボールを打つことです。

前述したとおり

小さいボールを正確に捉えるには

まず大きなボールで正確に当たるか確かめるのが早いです。

バランスボールを使用すると

シャフト全体が接地面となり

大きな面でボールを捉えるイメージがつきやすくなります。

▼バランスボールでのショット

しかし

バランスボールの使用には

ある程度のスペースが必要になりますので

その場合

まずは①の練習だけでも

面で捉えるイメージは十分つけられます。

状況に応じて試して頂ければと思います(^^)/

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。