花粉症の時期のゴルフを乗り切る方法

花粉症の時期のゴルフはどうする?

花粉症の時期のゴルフはつらいの一言です。

僕も花粉症で特に3月、4月にラウンドすると

とてつもない症状(鼻水、目の痒さ、くしゃみなど)に襲われます。

以前、花粉症の対策をする記事を書きましたが

▼ゴルフの際の花粉症対策

これだけでは

ゴルフのラウンドは

花粉に囲まれているところに行く場合が多いので

症状を完全に抑えることは難しいです。

そこで今回は

花粉症の時期のゴルフを乗り切る4つの方法をご紹介します。

 
スポンサーリンク

①河川敷コースでラウンドする

花粉症の時期のゴルフを乗り切るための1つ目の方法は

河川敷コースでラウンドするです。

花粉症の症状を引き起こす『スギ』や『ヒノキ』は

主に山岳コースにあるので

河川敷のコースなら直接的にこの被害を受けることななくなります。

しかし

風の強い日などは

それでも症状が出やすいので

先程の花粉症対策はしっかりしておきましょう。

▼河川敷コースのラウンド記事

②シュミレーションゴルフでラウンドする

花粉症の時期のゴルフを乗り切るための2つ目の方法は

シュミレーションゴルフでラウンドするです。

シュミレーションゴルフは

室内で行うので花粉による被害は最小限に抑えることができます。

また

鼻水などの症状があってもティッシュですぐに鼻をかむことができます。

(ラウンド中はポケットティッシュだけでは間に合わない場合もあります)

僕はこの時期にラウンドしたいときは

基本的にはこのシュミレーションゴルフを利用する場合が多いですね。

▼シュミレーションゴルフ

③シュミレーションゴルフでレッスンを受ける

花粉症の時期のゴルフを乗り切るための3つ目の方法は

シュミレーションゴルフでレッスンを受けるです。

先程のシュミレーションゴルフでのラウンドに加えて

この時期に集中的にレッスンを受けて

レベルアップしておくというのも方法の1つです。

分かりやすいところだと

以前ご紹介した『RIZAP GOLF』だと

シュミレーションゴルフの設備の中でレッスンが受けられます。

しかし

比較的レッスン料が高価ではあるので

『ゴルフ力診断+1回の体験レッスン』であれば

3,000円で受けられるので

合計2回の体験だけでも受けてみるのは良いと思います。

空き時間にラウンドもできます。

▼RIZAP GOLF体験記

④自宅(室内)で基礎練習する

花粉症の時期のゴルフを乗り切るための3つ目の方法は

自宅(室内)で基礎練習するです。

室内練習ではできることが限られますが

特にスコアアップに直接影響を与える

☑パッティング練習

☑アプローチ練習

などをしっかり行っておけば

花粉症の時期が終わった時の

グリーン周りの技術が格段に向上している可能性があります。

室内練習であれば

毎日行えるというのも利点ですね。

▼お勧め室内練習

まとめ

花粉症の時期は

花粉症対策はしつつ

できるだけ花粉を避ける環境でゴルフをして乗り切りましょう。

今回ご紹介したのは

①河川敷コースでラウンドする

②シュミレーションゴルフでラウンドする

③シュミレーションゴルフでレッスンを受ける

④自宅(室内)で基礎練習する

以上4つの方法をご紹介しましたが

①と②や②と④など

1つずつではなく組み合わせることで

花粉症症状がでやすい数ヶ月の期間は何とか乗り切れるでしょう。

皆さんに合った方法を選択して頂ければと思います(^^)/

 

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。