ゴルフラウンド直前に絶対やるべき5打縮まる【パター練習】~10歩と5歩の距離感合わせ~

その日のスコアはパター練習次第

皆さんは

ゴルフラウンドの直前に

パターの練習をすると思いますが

どのようなことを意識して

練習しているでしょうか?

☑グリーンの速さ

☑芝の順目、逆目

☑下り、上り傾斜の転がり具合

など限られた時間の中で

確認することは沢山あります。

 

しかし

グリーンがどういった状況であれ

最も重要なことは

自分の中で

距離感の基準を

作ることになります。

 

なぜならば

距離感の基準を

明確にしておけば

多少の環境の影響は

受けにくくなるからです。

 

そこで今回は

ラウンド直前に絶対やるべき

パターの距離感の基準の作り方をご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

パターの距離感の基準の作り方

この動画の中で

解説されていますが

ラウンドの直前に

絶対やるべき

パターの距離感の作り方としては

①10歩の距離感合わせ

➡1・2・3の一定のリズムで

距離感の合う強さを調整する

※カップに入れることは意識しなくともよい

②5歩の距離敵わせ

➡1・2・3の一定のリズムで

距離感の合う強さを調整する

※カップに入れることは意識しなくともよい

このような方法で

距離感だけ掴んでおけば

3パットする確率を

大きく減らすことが出来ます。

しかし

この練習法は

ラウンド直前の調整にすぎませんので

一定のパッティングフォームの確認は

日常の練習で体得しておきましょう(^^)/

▼パッティングで固定するべき関節

▼パッティングフォーム矯正練習器具

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。