【パター】グリーンの速さを“一瞬”で合わせる方法

グリーンの速さで惑わされる

パッティングの練習を重ねて

いざ自信をもって

ラウンドすると

グリーンの速さに最後まで合わず

いつも通り3パット以上を叩いてしまう

という散々な結果になることはあります。

 

しかし

それは練習方法が悪いのではなく

グリーンの速さに

合わせられていないというだけ

である可能性が高いです。

 

そこで今回は

ラウンド当日でも

グリーンの速さを

“一瞬”合わせられる方法を

ご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

グリーンの速さを“一瞬”で合わせられる方法

この動画の中で

堀川未来夢プロが解説しているのは

スタンス幅で距離を

変える方法になります。

 

ゴルフスイングの中で

特に重要な関節は股関節になりますが

▼ゴルフスイング中の股関節の動き

この股関節の動きを

①出やすくする

②出にくくする

という2つの方法を使い分けることで

ゴルフボールが

○走らないグリーン(雨の日、ベントグリーンなど)

●走るグリーン(寒い日、高麗芝など)

へ対応します。

つまり

○走らないグリーンの際は

①股関節の動きが“出やすい”スイング

●走るグリーンの際は

②股関節の動きが“出にくい”スイング

で距離感が合いやすくなります。

実際の方法は

動画をご覧ください。

 

しかし

自分の中での一定した距離感というのは

ある程度必要なので

やはり地道なパッティング練習方法は

必要になります。

今回の方法は

それが前提にある中で

ラウンド中に微調整する方法なので

可能であれば

自宅で毎日パティング練習は

行いましょう(^^)/

▼パターマット

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。