ゴルフ/左の壁の正体って!?

木村 陽志
木村 陽志

ゴルフの『左の壁』が重要だ!!
と聞くことがありますが『左の壁』って何なの?
今日はそんな疑問にお答えしたいと思います。

左の壁とは?

ゴルフの『左の壁』とは

写真のようにダウンスイング~インパクトにかけての

» ダウンスイング、インパクトとは?

左脚の状態をあらわします。

左脚の状態とは

ダウンスイングで右足から左足への体重移動をしても

赤線を越えないように耐えている状態をあらわします。

この状態を『左の壁』といいます。

しかし

『左の壁』は解釈の仕方で役割が大きく変わってしまいます。

例えば

『左の壁』は左脚が赤線を越えなければよいのだから

ダウンスイングで左脚が踏ん張っておけばいいだろう!!

そう思って踏ん張るだけでは

▼以下のようになります

基本的には踏ん張りきれず

『スウェイ(骨盤の過剰シフト)』を引き起こします。

» スウェイとは?

これでは

『左の壁』は崩壊してミスショットが増えてしまいます。

では

『左の壁』を維持するにはどうすればよいのでしょうか?

 
スポンサーリンク

左の壁の正体

『左の壁』の正体

それは左脚が身体の回転の軸になるということになります。

これだけでは

よく分からないと思うので

もう少し分かりやすく説明すると

先程のような側方移動(スウェイ)が中心のスイングではなく

左脚を回転の軸にすることで

側方移動の力回転の力に変換することになります。

そうなると結果的に左脚が赤線を越えることはなくなります。

これが『左の壁』の正体になります。

この『左の壁』を成立させるには以下の条件が必要です。

① 左股関節の内旋(内股の動き)

② 左股関節の内旋を維持する(内転)筋力

以下にこの2つを解決する方法をご紹介しておきます。

① 左股関節内旋の練習

② 左股関節内旋を維持する筋力訓練

まとめ

『左の壁』の正体は左脚がスイングの回転軸になること

『左の壁』を成立させるには

① 左股関節の内旋(内股の動き)

② 左股関節の内旋を維持する(内転)筋力

が必要

木村 陽志
木村 陽志

是非お試し頂き、感想やコメント等頂ければ幸いです(^^)/

 
スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。