【左肩痛】を引き起こすゴルフスイングの特徴

ゴルフで左肩が痛くなった

皆さんは

ゴルフのラウンドや練習後に

【左肩痛】を生じたことはありますか?

実はゴルフスイングが原因で

【左肩痛】を引き起こすことがあるので

スイングを今すぐ見直した方がいい場合もあります。

そこで今回は

【左肩痛】を引き起こすゴルフスイングの特徴を解説します(^^)/

 
スポンサーリンク

【左肩痛】を引き起こすゴルフスイング

この動画の中で解説しているように

【左肩痛】を引き起こすゴルフスイングの主な原因は

ダウンスイングからフォロースルーにかけての

腰の回転不足になります。

これを改善するには

上半身から下半身中心のスイングに変換する必要があります。

そこで

スイングの中で下半身の動きを出すための練習を

いくつかご紹介しておきます。

▼腰の回転が出やすいアドレス

▼腰の回転が出やすくなる練習

ここまで解説してきたのは

ゴルフで【左肩痛】が軽い場合

などもう痛みを出さないように予防的に実施する対策になります。

すでに

☑左肩に激痛がある

☑日常生活に支障がある

といった場合は以下の記事を参考に

病院を受診するか判断して頂ければと思います<m(__)m>

▼怪我した場合の対処方法

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。