ゴルフスイングで右肩を残すとスイングの何が変わる!?

ゴルフスイング中に右肩を残すと!?

ゴルフスイング中の

ダウンスイングでよく右肩を残しなさい‼

と指導を受けることがあります。

では

ダウンスイングで右肩を残すと

何が変わるのか?

今回は

右肩を残すとスイングの変化する部分について解説します(^^)/

 
スポンサーリンク

ダウンスイングで右肩を残すとコレが変わる

以前、【ひっかけ】を改善する1つの方法として

ダウンスイングで右肩を残すことが重要であると解説しました。

これはミスショットが改善するという”結果”の話になりますが

ではスイングはどう変化するのでしょうか?

 

それは

ダウンスイングで右肩を残す(固定)するイメージをすることで

上半身の回転が抑制されます。

 

しかし

ゴルフスイングの際の身体の回転は持続するため

上半身の回転が抑制された代償として

下半身の回転

つまり

骨盤(腰)の回転が出やすくなります。

 

そして

ダウンスイングでこの意識をするだけで

☑スライス

☑ひっかけ、チーピン、フック

などのミスショットが改善しやすくなります。

 

また

下半身をしっかり回転させることで

スイングスピードが上がって

飛距離アップも期待できます。

ダウンスイングで右肩を残す意識をするだけで

多くの利点がありますので是非練習の際に試してみてください。

 

しかし

右肩を残す意識を行うのは

あくまでインパクトまでになります。

フォロースルーを過ぎても右肩を残していると

めまい・頭痛・首痛などの原因になりますので

注意しましょう(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。