アイアンを買うなら国産(国内メーカー)?それとも外国産(海外メーカー)?

どうせ買うならより良いアイアン

ゴルフを続けていると

●スイングスピード

●スイング軌道

など

より良いパフォーマンスを

発揮するために少しずつ

スイング自体が変化してきます。

 

そうやって進化し続けると

ある時ふと思うことがあります。

 

今のスイングに果たして

このクラブは合っているのだろうか?

 

そこで今回は

そういった方の中で

アイアンを購入する場合は

国産(国内メーカー)が良いのか?

もしくは

外国産(海外メーカー)が良いのか?

それらの参考になる

特徴の違いを簡単に解説します(^^)/

 
スポンサーリンク

国産と外国産、どっちのアイアンが良い?

この動画の中では

国産アイアン:ミズノ、ブリジストン

外国産アイアン:タイトリスト

の比較がされています。

 

結論としては

【国産アイアンの特徴】

●ミズノ:

フェース面が広い

ミスしても拾ってくれる

チタンが入って飛びやすい

●ブリジストン:

フェース面が広い

安心感がある

抜け(インパクトの)がいまいち

 

【外国産アイアンの特徴】

●タイトリスト:

フェースが短い

打感硬い

操作性あり

上級者向け

 

といった

特徴の違いがあるようです。

 

今回は数値化していない

感想の部分が多いですが

アイアンの安易度では

国内メーカーの方が優しく初心者向けで

海外メーカーの方は操作性が高いが上級者向け

といった印象です。

 

また注意点としては

海外メーカーでは

バランスやライ角ロフト角などが

バラバラらしいので購入の際は

工房で揃えてもらう必要があるそうです。

 

どちらにせよ最終的には

試打してから購入を決めることが

ベストだと思いますので

今回のお話はあくまで

参考程度に理解して頂ければと思います(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。