ヘッドスピードを上げて飛距離アップさせる3つの方法

ヘッドスピードとは

ヘッドスピードとは

フェース面がボールと接触する瞬間の

スイングスピードのことをあらわします。

ヘッドスピードに比例して飛距離アップします。

今回は

ヘッドスピードを上げて飛距離アップする方法を

3つご紹介します。

 
スポンサーリンク

ヘッドスピードを上げる3つの方法

今回ご紹介する

ヘッドスピードを上げる方法は

以下の3つになります。

①『手首のコック』を維持する

②『ジャンピング』を使う

③『左の壁』をつくる

ここから

それぞれについてもう少し詳しく解説していきます。

『手首のコック』を維持する

手首のコックとは

トップからダウンスイングにかけての

左手首の動きになります。

これを

インパクトまで維持できるアマチュアゴルファーは少数です。

この手首のコックをできるだけ維持できると

ヘッドスピードが上がるので

是非習得したいところです。

詳細は以下の記事をご覧ください。

▼手首のコックでヘッドスピードを上げる

②『ジャンピング』を使う

ジャンピングとは

インパクトの瞬間に少しだけ身体が伸び上がることを言います。

意識して行うのはかなり難易度高めですが

女子プロゴルファーに多く見られます。

詳細は以下の記事をご覧ください。

▼ジャンピングとは?

③『左の壁』をつくる

『左の壁』とは『軸』をつくるということを意味します。

この方法は①②のようにイメージしなくとも行えるので

最も簡単な方法と言えます。

詳細は以下の記事をご覧ください。

▼左の壁をつくる方法

ヘッドスピードを計測する方法

最後にここまで解説してきた

ヘッドスピードを実際に計測する方法を

以下の記事で解説していますので

まずはご自身のヘッドスピードを計測することをお勧めします。

▼ヘッドスピードを計測する方法

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。