砲台グリーンでの成功確率上昇する【アプローチの打ち方】

砲台グリーンで行ったり来たり

砲台グリーンとは

フェアウェイより高い位置にある

パッティンググリーンのことを言います。

▼難易度高いグリーン

このグリーンでは

アプローチショットが

少しでも強いと

ボールが奥に

転がり落ちてしまいますし

少しでも弱いと

手前に転がり落ちてしまいます。

こうなると

グリーンを行ったり来たりして

スコアも大きく落としてしまいます。

 

この難易度が少々高い

砲台グリーンで

とにかくミスを最小限に

抑える対策があれば心強いですよね。

 

そこで今回は

砲台グリーンのアプローチで

ミスしない打ち方をご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

砲台グリーンでミスする人の特徴

出典:https://youtu.be/7QNNmywaCGc

まず砲台グリーンの際の

アプローチで

ミスしやすい人の特徴としては

ピン(目標)が傾斜の上にあるので

クラブで

打ち上げようとしてしまうことです。

 

このように下から上へ

打ち上げようとする

スイング軌道では

ほぼ確実にボールの上に当たって

(※トップというミスショット)

ゴロになって

グリーンの奥に

転がっていってしまうことでしょう。

では

そうならないために

アプローチの対策は

どのようにすればよいのでしょうか?

砲台グリーンでミスしない方法

出典:https://youtu.be/7QNNmywaCGc

砲台グリーンで

ミスしないためには

前述したように

打ち上げようと

しないことが重要になります。

 

そのための

アプローチの打ち方として

●左足体重を強くする(目安8:2)

●右足(つま先)寄りにボール置く

●フェースは開かない

といった

3つのポイントを

意識するといいでしょう。

皆さんも砲台グリーンでの

ミスを最小限に抑えるために

この3つのポイントを

しっかり押さえておきましょう(^^)/

▼参考動画

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。