プロゴルファーとアマチュアゴルファーの圧倒的違い~それは傾斜角度~

プロゴルファーのスイング

プロゴルファー(プロ)と

アマチュアゴルファー(アマ)の違いは

☑練習量

☑筋力

☑センス

☑ゴルフを始めた時期

など様々な違いがありますが

ある一つの数値化できる部分に

着目するとするならば

スイング中の傾斜角度の違いがあります。

プロのスイングでは

バックスイング時の右足の傾斜角度は

通常8~12度で

インパクト時の左足の傾斜角度は

同じく

通常8~12度となります。

ではアマのスイングで

多い傾斜角度はどのくらいなのでしょうか?

 
スポンサーリンク

アマチュアゴルファーのスイング

あくまで傾向ですが

アマチュアゴルファーは傾斜角度が

バックスイング時とインパクト時の

それぞれで8~12度を

大きく逸脱している場合が多くあります。

 

このような傾斜角度が

一定範囲を超えた状態を

スウェを言いますが

このスウェーによって

ミスや怪我が増えやすくなります。

ではなぜこのような

傾斜角度の逸脱が生じるのでしょうか?

傾斜角度の逸脱は内転筋が原因

太ももの内側にある

内転筋は現代社気における

日常生活だけでは

徐々に筋力低下を引き起こしてきます。

しかし

ゴルフスイング中の

傾斜角度の維持

つまり

スウェーの予防には

大きく貢献してくれる筋肉になります。

内転筋を鍛える方法は

以前ご紹介しましたが

自宅でも短時間でできますが

トレーニング効果が

出るまでには約2カ月以上かかります。

しかし

☑そんなに待てない

☑トレーニングする時間がない

という方もいらっしゃるでしょう。

なので

そういった方のために

内転筋の機能を高めてくれる

インソールをご紹介しておきます。

内転筋の機能を高めるインソール

出典:Amazon.co.jp

以前インソールの効果は

解説しましたが

ゴルフにおいて

足元の安定は

とても重要になります。

インソールは

オーダーメイドだと

かなり高価になりますが

一般使用だと比較的安価に

手に入りますので履くだけで

ゴルフが上手くなるのであれば

試す価値はありそうですね(^^)/

▼参考動画

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。