【ゴルフ】『インパクト』が分かる4つのポイント

木村 陽志
木村 陽志

今回はスイングの中でも最もパフォーマンスに影響を与える『インパクト』について解説しようと思います。

『インパクト』が分かる4つのポイント

『インパクト』

ボールとクラブが接触するその瞬間のことをいいますので

パフォーマンスに影響を与えるという意味は分かると思います。

では

『インパクト』で注目するポイントとは?

それは

①腰は回っているか?

②右足の踵が地面から離れているか?

③右肘は曲がっているか?

④ハンドファーストになっているか?

以上の4つになります。

ここから1つずつ詳しく解説していきますね(^^)/

ちなみに

今回もスイング解析に使用する

▼アプリの使用方法&ダウンロード方法はこちら

 
スポンサーリンク

①腰は回っているか?

まず1つ目のポイントは

『腰が回っているか?』になります。

『ダウンスイング』から腰の動きがはじまっているので

» ダウンスイングでの腰の動きって?

『インパクトでは』腰が回り

お尻がしっかり見えている状態が理想的となります。

②右足の踵が地面から離れているか?

次に2つ目のポイントは

『右足の踵が地面から離れているか?』になります。

『インパクト』では

先程説明した

腰(骨盤)がしっかり回っていればそれに伴って

右足の踵が地面から離れます。

このような形が理想的です。

③右肘は曲がっているか?

次に3つ目のポイントは

『右肘が曲がっているか?』になります。

ここで重要なのが

インパクトの際にアドレスと同じ場所に手を戻さない!!

部分になります。

その理由としては

左がアドレス、右がインパクトですが

アドレスとインパクトはこれほどにまで違うということです。

『インパクト』の際に右肘が曲がった状態になるには

『ダウンスイング』で以下のように

グリップエンドをボールに近づける動きができると

手首の『コック』が維持できて

» 手首の『コック』とは?

以下のような右肘の動きが行われると

『インパクト』では自然に右肘が曲がるようになります。

つまり

スイングフェイズが正しく行えていれば

» スイングフェイズとは?

結果として右肘が曲がるようになります。

④ハンドファーストになっているか?

最後に4つ目のポイントは

『ハンドファーストになっているか?』になります。

» 『ハンドファースト』とは?

『インパクト』『ハンドファースト』になっていないと

以下のように『ヘッドファースト』になってしまいます。

このような『ヘッドファースト』

『インパクト』を向かえると

『ダフリ』『トップ』などのミスショットに繋がってしまいます。

» 『ダフリ』『トップ』とは?

木村 陽志
木村 陽志

以上のことを動画にまとめました。

【動画】『インパクト』解説

木村 陽志
木村 陽志

『インパクト』を理解する4つのポイントは
① 腰は回っているか?
②右足の踵が地面から離れているか?
③右肘は曲がっているか?
④ハンドファーストになっているか?
を確認することになります。
皆さんも『インパクト』を改善して
さらなるパフォーマンス向上を目指しましょう(^^)/

 
スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。