ゴルフ/インパクトでの【左の壁】をつくる1分間トレーニング

左の壁って何?

左の壁とは

ゴルフスイングのインパクトの際の

左脚の踏ん張りのことをいい

身体の回転とは逆方向の力を働かせることで

クラブヘッドをより走らせることができます。

▼左の壁のイメージ

意識的に踏ん張りを効かせることはできても

下半身の筋力(特に内転筋)が弱いと

インパクトの際に左の壁をつくることは難しくなります。

そこで今回は

毎日自宅で1分間あればできる

左の壁をつくるトレーニングをご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

左の壁をつくるトレーニング

上記動画で説明している

トレーニングは

まず以下の物品を揃えます。

【用意する物品】

☑アイアン2本(7、8番アイアン)

☑ゴムボール

☑バランスマット(座布団orクッション)

▲写真右ベースボールグリップ

これだけ揃えたら

2本のアイアンを

ベースボールグリップで握ります。

(クラブが手から離れないため)

次に

ボールを落とさないように

ハーフスイングを1分間繰り返し行います。

(1分間でもかなりきついので30秒からでもよいです)

このトレーニングを

最低週3回(可能なら毎日)行うと

約2週間後にスイングが安定するのが実感できると思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。