ドローとフェードの【打ち分け方法】

ドローとフェードを打ち分ける利点

飛球の方向性として

☑フックボール

☑スライスボール

は方向性が大きく変わり過ぎるため

OBになってしまう可能性が高いショットと言えます。

 

しかし

☑ドローボール

☑フェードボール

は方向性が最小限に抑えられる上に

コースの形状(»ドックレッグ

に合わせて使い分けたり

ドローボール落下してから転がりやすく

フェードボールは落下してから止まりやすい

という特徴もあるので

グリーン周りの状態(»砲台グリーンなど

によって使い分けることができます。

 

そこで今回は

ドローボールとフェードボールの

打ち分け方の方法をご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

ドローとフェードを打ち分ける方法

今回は小平智プロの

YouTubeチャンネル動画になりますが

簡単にポイントをまとめると

【ドローボールを打つ方法】

☑インサイドアウトのダウンスイング

 (タオルを使用)

☑フェースを少しだけ開いてアドレスをとる

この2つのポイントになります。

 

【フェードボールを打つ方法】

☑アウトサイドインのダウンスイング

☑ダウンスイングでしっかり腰を切る

☑ダウンスイングからフォローまで左脇を締めておく

この3つになります。

実際の方法は

小平プロの動画を参考にして頂ければと思います(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。