ゴルフの【煽り打ち】の原因はアドレス/セットアップのある動作が原因~改善方法解説~

アドレスで大きく変わる

皆さんは

ゴルフラウンド中に

何回くらい

ミスショットをするでしょうか?

いいショットは

記憶に残りますが

ミスショットの記憶は

簡単に消えてしまいます。

 

しかし

ゴルフは

成功の数を増やすよりも

ミスの数を減らしていく

という思考の方が

明らかに上達スピードが上がります。

 

そこで今回は

アドレスを

ほんの少し直すだけで

ミスが減る方法をご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

ミスショット激減するアドレス

この動画の中で

解説されていますが

皆さんはショット直前の

アドレスの際にクラブを

地面につけていないでしょうか?

このような

アドレスでは

地面スレスレに

テイクバックを行うので

スウェーに加えて

ダウンスイングで

煽り打ち(体が浮く)

しやすくなってしまいます。

出典:https://youtu.be/hJlBmjLBGS8

身体が浮いてしまうと

インパクトでトップなどの

ミスショットが増えてしまいます。

これを改善するには

あらかじめアドレスで

ほんの少しだけ

クラブを浮かせておくと

ダウンスイングの際に

上から下へ力が働きやすいので

煽り打ちを予防することができます。

出典:https://youtu.be/hJlBmjLBGS8

よくある

ミスショットを

思い出したときに

煽り打ちの心当たりが

ありそうな方は

是非お試し頂ければと思います(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。