スライスボールに悩む方が【つかまる】ようになる打ち方

スライスを卒業する

スライスが

直らないという方は

ボールをしっかりと

【つかまえる】ことができず

擦ってしまっている状態といえます。

これを修正するには

ダウンスイング

スイング軌道を

インサイドから降ろす

必要がありますが

その練習を始めた途端に

ダフリ、トップなどの

ミスショットが増えて

散々な目にあった方

というのも少なくはないと思います。

そこで今回は

スイングは大きく変えずに

下半身のちょっとした動作だけで

インサイド軌道になり

ボールが【つかまる】

ようになる打ち方をご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

ボールがつかまる打ち方

この動画の中で

解説されていますが

ボールがしっかりと

【つかまる】ためには

インサイドからの

ダウンスイングを行う必要があります。

 

ここで紹介されているのは

とてもシンプルな方法で

ダウンスイングの初動で

少し下半身(股関節)を

沈み込ませてインパクト付近で

少し伸びあがる動きを強調します。

 

この方法は

ジャンピングと言って

上下の動きを加えることで

振り子運動を

しているクラブが

一瞬加速するので

飛距離も出やすくなります。

 

このジャンピングは

特に女子プロの選手でよく見られます。

▼ジャンピングの詳細

このダウンスイングでの

沈み込みを行うことで

スイング軌道もインサイドから

降ろしやすくなるので

小手先で調整しなくとも

ボールが【つかまる】ようになります。

 

スライス卒業を

目指している方には

参考になる練習方法といえますね(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。