ドライバーが大嫌いな人が大好きになれる方法

ドライバーが好きになれない

ドライバーショットは

成功すると飛距離や打感、打音

そして爽快感など

歓喜する要素が

たくさんありますが

それは上手くいったときの話です。

 

僕自身も

ドライバーショットはとても苦労しました。

▼ドライバーが大暴れしたラウンド

▼RIZAP GOLFでドライバー修正

大半は練習しても安定せず

今度は練習しすぎると

力みが生じて

スイングのバランスが崩れて

アイアンやウェッジなども

調子が悪くなってしまう

なんてことになりかねません。

 

そこで今回は

ドライバーが好きになる

三要素をご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

ドライバーが好きになる三要素

この動画の中で

解説されていますが

ドライバーが好きになる三要素は

①グリップをゆるゆるに握る

➡これに関しては

20%程度で握るようにしましょう。

軽く握ることで手打ちや力みをなくし

鞭のようにしなるスイングを実現します。

▼手ゆるゆるスイングの記事

②バックスイングでスウェーしない

≫ スウェーとは?

➡これに関しては

バックスイングの際に

右股関節を意識して

身体を回転するようにしましょう。

しっかり回転できれば

スウェーは予防できます。

▼スウェーを予防するスウェープロテクター

③ドライバー自体を見直す(買い替える)

➡これに関しては

そもそもドライバーが

合っていないという問題です。

実はドライバーは

ものによっては

一切現在のスイングを変えずに

劇的にまっすぐ飛ぶ場合があります。

アイアンはヘッドが小さい分

構造に限界がありますが

ドライバーは長尺で

ヘッドが大きいので

構造を改良する余地があり

ものによって大きな差ができます。

なので

ドライバーが

合っているのかは

慎重に選ぶ必要があります。

▼ドライバーの選び方

このようにまずは

ドライバーショットの

問題点を分解し

ご自身の問題点と照らし合わせて

少しずつドライバーを

好きになっていきましょう(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。