ドライバーがスライスする人の構え方(アドレス)

スライスはそもそも構え方が原因

ボールが右方向に

大きく曲がってしまうことを

スライスボールといいますが

右ドックレッグ(右に曲がりくねった)

設計のコースが

多いことからも言えるように

スライスするゴルファーは多くいます。

このスライスボールの

原因の一つとしてアドレス

つまり

構え方に問題がある可能性があります。

 

そこで今回は

スライスボールが出やすい

構え方の特徴をご紹介します。

 
スポンサーリンク

スライスしやすい構え方の特徴

この動画の中で

解説されていますが

スライスしやすい人の

構え方の特徴は踵(かかと)に

体重をかけていることになります。

(通常アドレスではつま先体重)

ではなぜ踵に体重をかけておくと

スライスが出やすいのでしょうか?

テイクバックが

インサイドからの

スタートになりやすく

ダウンスイングでは

アウトサイドインの

カット軌道となり

スライスしやすくなります。

▼カット軌道(スライス)になりやすいスイング軌道

スライスでお悩みの方で

今回のような構え方に

心当たりがある人は

すぐに改善できる

可能性がありますので

是非練習の際に試してみてください(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。