理想的なアドレスに近づくための股関節のストレッチ

自分のアドレスを見たことがありますか?

ゴルフスイングのスタート地点である

『アドレス』はとても重要といえます。

しかし

アドレスの際はボールを注視しているので

自分がどういうアドレスをしているのか

確認することはほとんどありません。

なので

まずは現在のご自身の『アドレス』

確認することをお薦めします。

▼自分でアドレスを確認する方法

その上で

スイングに悪影響を及ぼす要因を解決する

2つのストレッチをご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

スイングに悪影響を及ぼすアドレス

スイングに悪影響を及ぼす要因は

主に股関節にあります。

具体的には

①腸腰筋(ちょうようきん)が硬い

②ハムストリングスが硬い

この2つになります。

ではこの2つの要因と

改善するためのストレッチ方法を解説していきます。

①腸腰筋が硬い

股関節にある腸腰筋という筋肉が硬いと

写真のように腰が反ってしまいます。

このような状態でスイングすると

腰の椎弓関節(ついきゅうかんせつ)という部分に負担がかかって

最悪骨折してしまう可能性があります。

スイング中に腰痛を発症してしまうと

スイングはおろかゴルフ自体も休まなければならないかもしれません。

そういった事態を回避するためにも

腸腰筋のストレッチを行って

柔軟性を高めておくことは重要になります。

▼腸腰筋のストレッチ方法

②ハムストリングスが硬い

ハムストリングスとは

半腱様筋(はんけんようきん)、半膜様筋(はんまくようきん)

大腿二頭筋(だいたいにとうきん)の3つをまとめた総称になります。

ハムストリングスは太ももの裏側にありますが

ここが硬くなると写真のように骨盤が後傾(後ろに倒れる)

しやすくなります。

そうなると

スイング中に股関節の動きが抑制されるので

腰の回転が抑制されてしまいます。

▼アドレス時に重要な骨盤の前傾

スイング中に骨盤が後傾していると

以下のようなスイングになってしまいます。

▼腰の回転不足になるスイング

では骨盤を後傾させてしまう要因である

ハムストリングスの硬さを解消する

ストレッチ方法は以下の動画で解説しています。

▼ハムストリングスのストレッチ

ゴルフのスイングを

理想的な状態に近づけるためには

スイングがしやすくなる身体づくりも必要になります。

そのためのストレッチを

ゴルフ練習前のほんの数分間

お試し頂ければと思います(^^)/

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。