ゴルフスイング中のヒップの動きを正しく矯正してくれる【トータルゴルフトレーナー】

どうしても身につかないヒップの動き

アマチュアゴルファーの多くは

手打ちや上半身中心のスイングが

癖となっており

下半身を使ったスイングの習得が

出来ていないために

飛距離やショットの

ばらつきが生じやすくなります。

 

しかし

ゴルフスイング中の

ヒップの動きは

意識するだけでは習得が難しく

特に練習頻度が少ない

アマチュアゴルファーは苦労します。

 

そこで今回は

ゴルフスイング中の

ヒップの動きを

矯正してくれる

練習器具をご紹介します(^^)/

 
スポンサーリンク

トータルゴルフトレーナー

引用元:Amazon.co.jp

今回ご紹介するのは

トータルゴルフトレーナー

になります。

この練習器具は

スイングの各フェイズごとの

ヒップの動きを矯正してくれます。

①アドレス(セットアップ)

引用元:Amazon.co.jp

アドレスでは

インジケーターボール

(棒とボール部分)が

右腕に当たらないように構えます。

②テイクバック(バックスイング)

引用元:Amazon.co.jp

テイクバックでは

インジケーターボールが

右腕に当たらないように行います。

③トップ~ダウンスイング

引用元:Amazon.co.jp

ダウンスイングでは

腕とインジケーターボールが

ほぼ同時に動きだすようにしましょう。

④ダウンスイング

引用元:Amazon.co.jp

ダウンスイングでは

右腕とインジケーターボールが

触れて合流するようにしましょう。

⑤インパクト

引用元:Amazon.co.jp

インパクトでは

インジケーターボールを

右腕に当てたまま

ヒップの回転で

押し出すようにスイングしましょう。

以上①~⑤の

スイングフェイズごとに

ヒップの動きを

スローで何度も確認することで

徐々にヒップの動きが

正しく矯正されるようになります。

 

ゴルフ練習場で

これを身につけて

ショットしてもよし

自宅の室内でゆっくり

イメージを固めるもよし

いろんな使い方ができるので

便利な練習器具と言えますね(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。