人工股関節でもゴルフに復帰できる?

人工股関節って?

引用元:川島整形外科病院HP

人工股関節は

☑大腿骨頭壊死

☑大腿骨頚部骨折

☑変形性股関節症

などで股関節の形状が維持できなくなったり

歩くときなどの強い痛みを軽減するために行われる

股関節自体を人工物に変える手術になります。

この手術を人工股関節置換術(じんこうこかんせつちかんじゅつ)といいますが

今回は人工股関節となってしまった場合は

ゴルフに復帰できるのか?

という部分を解説したいと思います(^^)/

 
スポンサーリンク

人工股関節でもゴルフに復帰できる?

まず結論からお話しすると

人工股関節の方はゴルフに復帰が可能です。

しかし

手術の状態によってはドクターストップがかかる場合がありますので

必ず主治医には確認が必要になります。

また、基本的には復帰が可能なのですが

以下の2つのことに注意する必要があります。

①人工股関節は脱臼しやすいのでボールを拾う際に深くしゃがむ動作が行えない

②人工股関節の耐久性は約15~20年しかもたないので練習のし過ぎには注意が必要

などの制限がかかります。

▼人工股関節の脱臼姿勢について(動画の後半で解説)

ゴルフスイングで注意する点

右股関節が人工関節となった場合

写真のように右足に体重が残ってしまわないように気をつけましょう。

このようなスイングを繰り返していると

右の股関節に大きく負担がかかってしまいます。

 

次に左股関節が人工関節となった場合

スイングの際にもともと左股関節には負担がかかりやすいので

スタンスを変えることで左股関節への負担を軽減することができます。

▼左股関節への負担を減らすスタンス

手術をされた直後の方は

まず歩行の獲得が目標になると思いますが

僕も訓練を重ねてゴルフへ復帰された方を何人も診てきました。

これらに注意して

是非楽しいゴルフへの復帰を目指しましょう(^^)/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。